アーユールヴェーダ体質診断で、本来のあなたが輝く自分の磨き方

「本当の自分を知る」ということ

アーユールヴェーダライフコーディネーター
高橋 ちさ

本来の自分に戻る, 輝くヒミツ , , ,

 

こんにちは!CHISAです。
あなたは、自分のことをどれだけ知っていますか??

マイナス要素は自分のフィルターを通して見てるだけ

  • わたしって頑張りすぎちゃうんだよね。
  • 何をやっても上手くいかない。
  • 一つのことが続かない。
  • すごく保守的で冒険ができない。
こんな風に、自分のことってマイナスな部分しか見えていないのかもしれません。
マイナスな部分を指摘されることが多かったり、自分にないものを人と比べてしまって、マイナスが目についてしまうということもありますね。

でもね、この自分にとってのマイナスに感じていることは、あくまでも自分で感じていること。
人から見るとそれが、とってもプラスであったり、魅力的に見えたり。
「自分」の価値観を通して見ると、それが全く別のもの=マイナスなものに変わってしまうんです。

 

他人と自分を比較するからマイナスばかりに

 

たとえば、P君という「火の質」の人とV君という「風の質」の人がバーベキューを企画します。
火の質のP君は、物事を始める時に計画をしっかり立ててスケジューリングをします。どこのバーベキュー場がいいかな。値段はいくらかな。どんな食材があるかな。しっかりリサーチして、物事を進めるのが得意。

でも、途中で予定を変更したり、別のプランを考えるのはあまり好きではありません。
そんなP君は自分のことを、融通が効かないし、物事を柔軟に考えられない。と責めたりします。

一方で、風の質のV君は物事を進めるのにスケジューリングをするより、感覚で動く方が好き!
もしダメだったら、別のことすれば良いじゃん!という感じ。

でも、しっかり計画的に考えないので、バーベキュー場が予約でいっぱいだったりとか、材料が足りなくなってしまったり、途中で思わぬ変更が多くなり、自分のつめの甘さを嘆いたりします。

しっかり計画をたてられる<火の質>のP君は、自分が融通がきかないと嘆き、感覚でうごけるV君を羨ましいな〜と思ったりします。

感覚で動く<風の質>のV君は、詰めの甘さを嘆き、計画的に物事が考えられるP君を羨ましいな〜と思うんですね。

 

あなたは良い質を持っているんです!

 

先ほどの例え話で気付かれましたか??

要は、お互いが羨ましいな〜と思う素敵な資質を持っているのに、それに本人が気づいていないだけなんですね。

自分のことってわからないから、自分の価値観だけで物事を捉えがちです。→まぁ、当たり前ではあるんですが(^^;)
なので、必要以上に自分のマイナス部分に目を向ける必要はないってことなんですね。

セッションで、マイナスに捉えていた資質を見方を変えてお伝えしていくと、「これで良かったんだ〜」と、やっと自分の質に気づき安心される方が大勢います。

 

本当は、良いと思っているのに人と比べて悪いと感じているだけ。
ほんの少しでもいいので、自分のマイナスだと感じている部分をプラスに変える発想をしてみてください。そうすると、あなたの良さに気づき始めると思います❤︎

 

本来の自分で生き始めたら、とっても楽になる。人と比べる必要がなくなるから。
どうしても、ご自分の良い部分がわからなかったら、ぜひセッションにきてくださいね!



本来のあなたを知る!アーユルヴェーダセッションの詳細はこちら!

アーユルヴェーダ体質診断

アーユルヴェーダで 本来のあなたが輝く自分の磨き方★ LINE@で配信中 ★

友だち追加

本来の自分に戻る, 輝くヒミツ