アーユールヴェーダ体質診断で、本来のあなたが輝く自分の磨き方

子供がご飯を食べない意外な理由とは!?コレを知ればストレスがスッと軽くなる!

アーユールヴェーダライフコーディネーター
高橋 ちさ

コラム, 子育て , , , , ,

こんにちは!CHISAです。
子育てをしていると悩みはつきものですよね。
育児書や子育て情報が氾濫して、どの情報を信じたらいいのかわからない。これが本音だと思います。
先日、アーユルヴェーダベビマの時に「子供がごはんを食べない」ことが話題になりましたので、今回は食事と子供の体質の関係をご紹介しますね!

全くご飯を食べない子ども時代のわたし

子どもがご飯を食べないことで、悩むお母さんは本当にたくさんいらっしゃいます。
今回、私が開催するセミナーやベビマでも立て続けにこの話題になったので、これは記事にすることで気持ちが楽になるお母さんがたくさんいるのでは!?と思い、わたしの子ども時代の経験も含めてお話しますね。

「食べなさい!」と無理に食べさせることに疲れてしまった方は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

私は、小さい頃からご飯をほんとに食べなくて、いつもお母さんに怒られていました。
これは、私にとってはかなり暗い子ども時代の記憶として残っていました。

いまでは、潜在意識の勉強や自分を掘り下げる作業をしていくことで、この暗い記憶はやっと解放できた!という感じです。

さて、話を元にもどして、私はご飯を食べなかったので毎朝、朝食がいやでいやでたまりませんでした。

ご飯をたべないと保育園に行けない

当時は、「朝食はたべるもの」「食べないと健康にならない」「育たない」そんな考えがありました。って今もそうですね(笑)

今も農林水産省が主導して「めざましごはん」の朝食プロジェクトをしているので、朝ごはんを食べないと不安が募る気持ちもすごくわかります。でも、本当は、朝食を食べなくてもいい体質もあるんですよ(^^)それは、またお話します。

私は、食べるのが好きなのに、朝は食べられなかったんです。お腹が空かないから。でも、母親は私が食べきるまで「食べなさい!」といつも怒っていました。

そして、ある時、無理やり私がご飯を食べたらあまりの気持ち悪さに吐いてしまったんですね。
そうしたら、なんと!それを食べなさい!!って言ってきたんです。

もう、おったまげ〜〜〜!!ですよ(笑)そのことを、母親に話すと「そんな酷いことした!?いやね〜」と他人事のよう。すっかり忘れて罪悪感たるものは一切ないようです(笑)

そして、朝ごはんを食べれない私は置いてけぼりにされて、飼っていた秋田犬の花子にいつもくっついて泣いていました。実際には、家から出ていっても、置いていかないで離れたところで様子を見ていたようですが、朝食を食べないだけで、えらい悲しい思いをしたものでした。

親になると、あれだけ食べない私に対して本当に大変だったと思います。怒りたくなる気持ちは、親になれば分かりますね。

もちろん保育園でも食べない

そんな私なので、もちろん保育園での給食もたべません。だってまずいんだもん。
当時は、ご飯を食べないと廊下に出されて食べるまでお教室に戻れないんです!!!それも酷いですよね!で、私はある時、お澄ましをこっそり給食袋に入れて持って帰ろうとしたんです。飲めないから。

もう分かりますか(笑)??

そう、ものすご〜〜〜く慎重にお汁を袋に入れた途端、じゃばーーーっとこぼれる。当たり前なんですが!!そうして、先生にものすごく怒られました(笑)

 

夕方にやっとお腹が空く

朝も食べない、昼も食べない。だから、保育園から帰るとお腹がすごく空くんです。
やっと私の消化力が上がってくるのが、保育園から帰ってきてからでした。私の母は忙しかったのでいつも祖父が迎えに来て喫茶店を経営する叔母の家で母の帰りを待っていました。

お腹が空くと、叔母に「お腹すいた〜」といえば、美味しいご飯をすぐに作ってくれて、とっても美味しかったのを覚えています。「美味し〜〜」と幸せに食べていました。

ただ、お腹が空いていなかっただけ

食べない子どもの頃の私を振り返っても、私は食べることは好きだったんです。
保育園のご飯は口に合わなかった。朝は、お腹が全く空かなかった。だから、食べたくなかったんです。だから、「なんで食べないの!食べなさい!」と言われ続けることがすごく嫌でした。
だって、お腹が空いてないんだもん。だって、まずいんだもん。今、過去を振り返ると子ども時代のわたしは、そう言っていました。

子ども時代は「水の質」だから食べられないこともある

今、アーユルヴェーダの体質診断を知るようになって、子ども時代の私を分析することができるようになりました。私の本来の生まれ持った質はピッタカファ「火と水」の質を持っていました。
そして、人の一生も質で分ける事が出来るのですが、子ども時代はまさに「水」の質が強くなる時代なんです。

水の質の特徴とは

水の質の特徴は以下のようになります。

  • おっとりしている
  • 体もぽっちゃりしている
  • 肌が白くむちっとしている
  • よく寝る
  • あまりお腹が空かない
  • 愛情深い
  • 甘いものが好き
  • 平和的な思考

他にもありますが、こんな感じなんですね。赤ちゃんを想像してもらうと、ばっちり「水の質」がイメージできると思います。

赤ちゃんって、よく寝て、みんなの愛情をたくさん受けて、人にも愛情を与えてくれる。そして、おっぱいの甘みが大好き。肌もぷにゅぷにゅ❤︎気持ちいい。

子ども時代は、「水の質」がとても強い時期になります。だからこそ、もともと「水の質」で生まれている私みたいな人にとっては、子ども時代はとっても「水の質」が顕著に現れるんですね。

そして、朝、私がご飯を食べなかったのは、お腹が空かないから。
時間もアーユルヴェーダの質で分類できますが、まさに朝の6時〜10時は「水の質」の時間。お腹も空きにくく消化力が落ちている時間帯なんですね。

これだけ、ばっちり条件がそろっていたら、そりゃ〜お腹が空くわけない。無理して食べるのは拷問に過ぎませんでした。

 

体質から食欲を考える

NHKの子ども番組で、子どもが美味しそうにパクパクご飯を食べる映像見た事ありますか??
うちの息子も娘も私と同じで、ご飯を食べない子だったので、手づかみで固形物や肉を食べる他の子ども姿を見るのは、プレッシャーと焦り以外の何者でもありませんでした。

もともと食べる子もいる。それは体質に関係している

じゃあ、ばくばく食べるあの子はなんなんだろう???と思いますよね。それは「火の質」が強いお子さんなんです。私も「火」と「水」の質を持っているので、食べるのは好き。
でも、水の質の方が当時は強かったので「お腹が空かなくて食べなかった」んです。ただ、それだけなんです。

火の質の子の特徴は以下のようになります。

  • 食べるの大好き
  • お腹がすくとイライラする
  • すぐにお腹がすく
  • 物事にすごく熱中する
  • 中肉中背
  • 一度始めたら最後までしっかりやりきりたい

他のも特徴はありますが、今回は子どもに合わせた質でご紹介しますね。
こんな感じで「火の質」のお子さんは、朝起きたらお腹が空いているんです。消化の力がすごくあるから。だから、NHKの子ども番組に出ているお子さんのようにパクパク食べられるんですね。

ちなみに「風の質」の子は食べムラがあり、食べたり食べなかったりの差がすごくあります。
風の質の子の特徴は以下のようになります。

  • 好奇心旺盛
  • いつも動いている
  • わりと細めの体型
  • 気分のムラがある
  • 胃腸が弱い

風の質の子も、食べない傾向が強いかもしれませんね。

 

食べるのが良い。食べないのが悪いのではない

こんな風に、子どもの体質を理解すると、食べないことに対して、良い悪いで判断できないんですね。
でも、お母さんからすると、なんでも美味しく食べて欲しい!という思いは、すごく分かります。私も2児の母ですし、子どもたちは全くご飯を食べなくて自分の子ども時代のように苦労したから。

今、振り返れば、酷いことをされた!(←朝食に関してはですが(^^;他はとても理解のある母でしたが、食事の記憶はとても深く残っています)という記憶しかない、私の母親に対しても、当時は働きながら育児に一生懸命で、食べない私のことを本当に心配していたのだと分かります。

そんな、母からアーユルヴェーダの知識を得る事ができ、長男を出産して、長男が全くご飯を食べないことに悩んでいたら「この子は風の質だからしょうがない。」ということを聞かされました。
私の時にも、そんなこと言って欲しかった(笑)「この子は水の質だから、しょうがないわね」って(笑)

「食べない」ことだけにフォーカスしないで、その子の特徴を観察してあげることがまず大切なんですね。子どもの質は、4歳くらいで確定しますが、その前の段階でもお悩みを聞くことで今の体質の状態を知る事ができます。

また、どんな時にご飯を食べてくれるのか。どんな物が好きなのか?そんなことも観察すると良いかもしれませんね。

 

150名様鑑定記念で感謝価格で体質診断が受けられます!

うちの子どうだろ〜と思ったら、ぜひお子さんの質と家族の質を知ることができる家族の体質診断を受けてみてくださいね。ただいま150名さま鑑定記念で感謝価格でご提供しています。

<感謝の気持ちを込めて>本来のあなたが輝く自分の磨き方❤︎

 

気軽にアーユルヴェーダを体感したい方は、無料のアーユルヴェーダベビーマッサージにご参加ください。アーユルヴェーダの子育て情報などもしながら、アーユルヴェーダオイルを使用してマッサージができます(^^)
【8月のスケジュール】便秘解消マッサージ&ぐっすりねんねのマッサージ


◆次回は「ご飯を食べない子ども!私が乗り越えた方法をご紹介!」

 

本来のあなたを知る!アーユルヴェーダセッションの詳細はこちら!

アーユルヴェーダ体質診断

アーユルヴェーダで 本来のあなたが輝く自分の磨き方★ LINE@で配信中 ★

友だち追加

コラム, 子育て